タイヤローテーションで長持ちさせよう!メリットと方法をご紹介

タイヤローテーションでタイヤが長持ちすることを知ってましたか
車の維持費はできるだけ抑えたいもの。車の維持費の中でも特に費用がかかるものの一つに「タイヤ」が挙げられます。タイヤを長持ちさせるように使用することで車の維持費を簡単に下げることができます。タイヤの寿命を伸ばすのに効果的で、手間隙がほとんどかからないタイヤローテーションについて、元タイヤメーカーエンジニアのやんきちが解説したいと思います。

この記事を読んでわかることは次の4つです。

  • タイヤローテーションとは?
  • タイヤローテーションが必要な理由
  • タイヤローテーションのメリットとデメリット
  • タイヤローテーションの方法
  • タイヤローテーションはスタッドレス交換時が狙い目

タイヤローテーションを正しく理解して安全安心なカーライフを楽しみましょう。

タイヤローテーションとは?

それでは早速タイヤローテーションについて説明したいと思います。タイヤローテーションとは車についてる4つのタイヤの位置を入れ替えることを言います。文字通りタイヤを入れ替える作業ですね。前後のタイヤを入れ替えたり、左右で入れ替えたり、または前輪左のタイヤを後輪右と入れ替えるような入れ替え方をしたり、ローテーションする位置が変わったりします。なぜタイヤローテーションをしないといけないのか、その理由について解説したいと思います。

タイヤローテーションが必要な理由

タイヤローテーションが必要な理由は2つあります。

タイヤを均一に消耗させ長持ちさせる

1つ目の理由は、タイヤを長持ちさせるためです。タイヤ交換が待ち遠しい方はほとんどいらっしゃらないと思います。できればタイヤを長持ちさせて、出費を減らしたいというのがみなさんの本音ではないでしょうか?タイヤが大好きな僕でも、タイヤにあまりお金をかけたくないという思いは同じです。一つのタイヤが著しく消耗してしまってもタイヤは4本まとめて交換したいもの。そうすれば、4本の交換費用がかかってしまいます。そのためにも均一にタイヤを消耗させ、4本同時に消耗したところで次のタイヤに交換するほうがベストですよね?

タイヤの性能を最大限発揮させる

2つ目の理由は、タイヤの性能を発揮させるためです。4つのタイヤの消耗がばらばらだと、車が振動する、直進安定性が悪化する、雨の日の性能が極端に悪化する、止まりにくくなる、曲がりにくくなるといったことが起きてしまいます。最悪の場合、事故の直接的な原因にもなりかねません。タイヤの消耗が均等だと、タイヤの性能が最大限発揮できる状態にあります。

タイヤローテーションの方法

タイヤローテーションの重要性がわかったところで、タイヤローテーションの方法を解説したいと思います。タイヤローテーションは車からタイヤを取り外し、位置を変えて取り付けるので基本的にはタイヤ交換と同じ方法で実施することができます。タイヤ交換については以前も解説しているので下記を参考にしてください。

タイヤ交換とタイヤ組み換え

タイヤ交換といっても実は様々な作業があります。タイヤ交換に必要な作業内容をちゃんと理解していないと、余計な費用がかかってしまうことも。 元タイヤメーカーエンジニアのやんきちがタイヤ交換作業をわかりやすく解説したいと思います。 こ[…]

ただし、いくつかの注意する点があるので解説します。

タイヤローテーションの注意点

  • 車の駆動方式
  • 回転方向
  • 前後タイヤのサイズが異なる
  • 自分でおこなう場合は順序に注意

車の駆動方式

自動車によって駆動輪(地面に動力を伝えるタイヤ)の配置がことなります。これを自動車の駆動方式と言います。前輪のみが駆動する車を前輪駆動後輪のみが駆動する車を後輪駆動4輪全てが駆動する車を4輪駆動と言います。駆動方式の違いによって、摩耗しやすいタイヤが異なり、基本的には駆動輪のタイヤが良く摩耗します。例えば前輪駆動車であれば、前輪のタイヤの摩耗が一番早いです。車の駆動方式によりタイヤの消耗具合が変わってきますので、タイヤローテーションの際にはタイヤの残り溝などからローテーションの必要性やローテーション方向を考える必要があります。とはいえ、基本的に前輪と後輪のタイヤを付け替えれば問題ないでしょう

タイヤの回転方向

タイヤには写真のように「Rotation」と矢印の記載があるタイヤがあります。「Rotation」の記載があるタイヤは回転方向が指定されているため、左右の取り付け位置を変更してしまうと、回転方向が「逆」になってしまいます。この場合タイヤローテーションは前後の位置変更のみ実施可能です。

前後タイヤのサイズが異なる

車によっては前後でタイヤサイズが異なるものがあります。この場合はもちろん前後でのタイヤ位置変更は「NG」です。ローテーションを行う場合は左右のみとしましょう。前後のタイヤサイズが異なり、タイヤに回転方向が指定されている場合、タイヤローテーションは実施できません

自分で行う場合は順序に注意

自分でローテーションを行う場合、2本以上同時にタイヤを外す必要があります。そのため、2本同時にタイヤを浮かせる必要があります。ジャッキや馬と呼ばれる道具を駆使する必要がありますので、手持ちの工具でローテーションが可能か考えてから実施するようにしてください。

タイヤローテーションはスタッドレス交換時が狙い目

ここまでタイヤローテーションの解説を行ってきましたが、タイヤローテーションをわざわざ行うのは正直なかなか面倒です。そのため、タイヤローテーションはスタッドレスタイヤ履き替え時期をねらって実施するのがベストです。ちなみに僕もスタッドレス履き替え時についでにタイヤローテーションを実施しています。

ここでの注意点は、外したタイヤを保管する時は装着していた位置を貼り付けておくと良いでしょう。僕のお勧めは、養生テープに「左前」や「右後」などと記載して、タイヤかタイヤ保管用の袋に貼り付けておくことです。

まとめ

タイヤローテーションでタイヤが長持ち

タイヤローテーションを実施してタイヤ交換費用をできるだけ安く抑えましょう。ローテーションするためだけにお金をかけてしまうのはもったいないのでスタッドレスの交換時期を狙うのがいいでしょう。

タイヤのパフォーマンスも向上し最後まで使い切れる

4つのタイヤの消耗がばらばらだと、車が振動する、直進安定性が悪化する、雨の日の性能が極端に悪化する、止まりにくくなる、曲がりにくくなるといったことが起きてしまいます。タイヤローテーションを実施しタイヤの性能が最大限発揮できる状態を保ちましょう。

 

TIRE-infoではタイヤ交換を安くするために知っておきたい知識について発信していくので、ぜひご活用ください。

出費を抑えつつ安全で安心なカーライフを楽しみましょう。

 

タイヤに関する最新情報をゲット!