タイヤが茶色くなってしまったら 洗う前に確認したい注意点

やんきち

みなさんのタイヤは茶色く変色してきていませんか。

新品の時は真っ黒できれいなタイヤが、いまでは錆びたような風合いになってしまった。

なんてことはありませんか?

じつはタイヤは茶色く変色していってしまうものです。

 

 

もえやん
たしかに私の車のタイヤは新品の時は真っ黒だったけど
最近は錆びたような茶色になってきてる、、、

この記事ではタイヤが茶色くなってしまう原因とその対策について、元タイヤメーカーエンジニアのやんきちが解説していきます。

この記事のまとめ

  1. タイヤが茶色くなる原因「老化防止剤」と「汚れ」が主な原因
  2. タイヤの汚れを落とす方法「水拭き」か「水洗い」で十分綺麗になる(実例あり)
  3. タイヤに異常がみつかったら取り付け予約までネットで完結するTIREHOODがおすすめ

タイヤが茶色くなる原因

実はタイヤが茶色くなる原因は2つです。

老化防止剤」によるものと「汚れ」によるものです。

これら2つの原因によって対処方法は全く異なります。

それぞれ解説していきます。

老化防止剤

タイヤが茶色く変色してしまう1番の原因は、薬剤がタイヤを保護しているからです。

タイヤを長持ちさせるために老化防止剤というが薬剤がゴムに練り込まれています。

老化防止剤は酸化すると茶色くなる性質があるため、タイヤ全体が茶色く変色しているように見えます。。

そもそも老化防止剤とはどういうものなんでしょう?

老化防止剤

タイヤは紫外線や熱で劣化して弾力を失ってしまう性質があります。

古い輪ゴムを引っ張るとブチブチと千切れてしまった経験はありませんか?

タイヤもゴム製品なので、放っておくと弾力を失って古い輪ゴムのようになります。

これを少しでも和らげるために、「老化防止剤」という成分がタイヤのゴムに混ぜ込んであり、

時間の経過とともに、表面に少しずつでてくるように設計されています。

 

老化防止剤をきれいさっぱり流してしまうと、劣化から守る成分が流れてしまいます。

タイヤの洗い過ぎにも注意が必要です。

汚れ

タイヤが茶色く変色してしまう2番の原因は、「汚れ」です。

タイヤは車の中でも、特に汚れやすい部品の一つです。

「汚れ」には大きく分けて2種類あります。

  • ブレーキダスト
    ブレーキ時に発生するブレーキパッドが削れた「粉」
  • 路面の泥や油汚れ
    路面の水溜りや砂地を走行した際に付着した「砂」や「泥」、アスファルトの「油」

タイヤの汚れを見分ける方法

タイヤが茶色くなる要因である「老化防止剤」と「汚れ」ですが、これら2つの原因を見分けることができないと対応方法を誤ってしまい劣化を早めてしまいます

ですので茶色くなってしまった要因によって対応方法を分ける必要があります。

老朽化防止剤」の場合・・・洗い過ぎない

汚れ」の場合・・・きれいに洗う

老化防止剤はタイヤを保護する成分なので洗い流してしまわない方がいいです。

一方汚れはタイヤの劣化につながるので、洗右必要があります。

ここでは、汚れの要因を見分ける方法をご紹介します

タイヤホイールが茶色く汚れている

写真のようにタイヤホイールが茶色く汚れいている場合、「ブレーキダスト」が要因の可能性が高いです。

ホイールと同様にタイヤにもブレーキダストが付着してしまっているので、洗い流す必要があります

フロントタイヤの方が汚れている

フロントタイヤとリアタイヤを比較したとき、フロントタイヤのほうが茶色い場合、「汚れ」が要因の可能性が高いです。

フロントタイヤは通常リアタイヤよりブレーキダストが出やすいです。

また、走行中に路面の汚れがつきやすいのもフロントタイヤです。

確認のため、フロントタイヤとリアタイヤの見た目を確認してみましょう。

写真のようにまばらに茶色部分があるのは「汚れ」によるものです。

タイヤの汚れは綺麗に洗って落としてあげましょう。

タイヤの汚れを落とす方法

タイヤが茶色くなっている原因が「汚れ」だった場合、汚れを落とすことでタイヤを長持ちさせることができます

タイヤは油汚れなどで劣化してしまいますので、定期的に汚れを落としてあげましょう。

タイヤの汚れを放置してしまうとタイヤを傷めてしまいます。

タイヤの汚れを落とすには「水洗い」か「水拭き」が正解です。

洗剤やカーシャンプーなどを使用してしまうと「老化防止剤」まで洗い流してしまいタイヤの劣化を早めてしまいます。

どうしても使用したい場合は、タイヤ専用の洗剤を使用し洗いすぎには注意しましょう。

水洗いや水拭きでも十分綺麗にすることができます。

水拭き

僕が推奨している方法は水拭きです。

必要なものはいらなくなったタオルだけです。

タオルを水で濡らして硬く絞り拭き取っていくだけです。

強くゴシゴシしてしまうとタイヤを傷めてしまう可能性があるので、ぐるっと2〜3周くらい拭き取れば十分綺麗になります。

トレッド(タイヤが地面と接する部分)は走行中に汚れるので軽く拭き取る程度で問題ありません。

タイヤ4本を拭き終えたら、ホイールもきれいにしていきましょう。

タイヤの拭き方についてはこちらの記事でも解説していますので参考にしてください。

水拭き前後で見違えるほど綺麗になります。

タイヤを洗う方法

オシャレは足元からと言われるように、タイヤが綺麗だと車の印象もずっと引き締まって見えるもの。 さらにタイヤを綺麗に保つことで、油汚れによるタイヤの劣化を抑えることもできます。 今回は、水洗いだけでタイヤをきれいにする方法をご紹介します。[…]

水洗い

続いて水洗いの方法です。

僕は水拭きを推奨していますが、洗車時などにはまとめて水洗いしましょう。

洗車時は、汚れの多いタイヤから洗うのが基本です。

タイヤハウス、ホイール、タイヤの順で水洗いします。

水拭きと同様に、タイヤ周りは極力洗剤の使用をやめましょう。

最後に乾いたタオルでホイールとタイヤをキチッと拭き取ってあげましょう。

タイヤワックス

最後にタイヤワックスについてです。

見た目をきれいにするために、タイヤワックス付けたくなりますが、使用は最小限にすることをお勧めします

また、油性のタイヤワックスはタイヤを傷めてしまいます

使用する際は、水性のタイヤワックスを選択してください。

僕がタイヤメーカーに入社して、タイヤ用品店で販売店研修を受けていた時も、整備後のお客様のタイヤには水性のタイヤワックスを使用していました。

雨が降ればすぐに流れてしまいますが、タイヤやホイールを綺麗に掃除してあげれば、十分かっこいいと僕は思います。

まとめ

やんきち
タイヤが茶色くなってしまう原因をわかっていただけたでしょうか?
原因によって対処方法が真逆になってしまうので注意が必要ですね
もえやん
見分け方もあるので自分でもできそう!!
慣れてくればタイヤの汚れを水拭きする作業は10分程度で終わります。
定期的に空気入れや外観をチェックするついでに水拭きしてみるのはいかがでしょうか?
タイヤの外観チェックで異常が見つかるようであれば、とても危険ですので早めの交換をお勧めします。
定期的にチェックしていると、バーストなどの思わぬトラブルを防ぐことができますし、適切な交換時期が予め判断できます。
事前に交換時期がわかっていれば、ネットで安いタイヤを探しておいて、交換することができるので
結果的にタイヤにかかる出費が抑えることができます。タイヤはネットで購入するのが圧倒的にお得です。
ネットでタイヤを見つけて、交換予約まで完結するTIREHOODをお勧めしております。
以上、タイヤが茶色くなる理由とその対処方法についてご紹介しました。

みなさんもタイヤを綺麗に保ち安全・安心で快適なカーライフをおくりましょう!

質問はTwitterで受け付けますのでお気軽にどうぞ
https://twitter.com/yankichitire

以上、やんきちでした。

タイヤに関する最新情報をゲット!